ページの先頭です

農地ソーラーシェアリング推進実証実験事業

[2016年12月9日]

ID:815

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

農地ソーラーシェアリングの推進のための実証実験を行っています

農地ソーラーシェアリング推進実証実験事業の概要

農地において営農型太陽光発電設備を設置し、露地野菜を栽培、発電設備直下および発電設備に隣接する露地での生育状況を観察(比較データを収集)し、農地ソーラーシェアリングの推進のための実証実験を実施するもの。
※農地ソーラーシェアリングとは、農作物の生産を行いつつ、その農地の上の空間を使って、農産物の生育に必要な日照を確保した形で太陽光パネルを設置し発電を行うものです。

ソーラーシェアリング

設置場所

長浜市湖北町今西地先

営農型太陽光発電設備の規模

  • 規模:営農型太陽光発電設備(幅4,300mm×奥行15,400mm×高さ2,500mm)
  • 太陽電池モジュール(W1,338mm×L690mm×H36mm)×33枚
  • 遮光率50%

委託先

農事組合法人 湖北町農産物直売組合

実証実験の状況

  • 平成26年度に営農型太陽光発電設備を設置
  • 平成27年度から、1作目に、ブロッコリー、キャベツ、ジャガイモ、アスター、けいとうを栽培し、生育状況を比較。2作目に、ブロッコリー、キャベツ、白菜を栽培し、生育状況を比較した。
  • 1作目は、パネル下ではパネル外と比べ、高温障害が少なく、品質が良かった。収量も多かった。
  • 2作目は、パネル下ではブロッコリー、キャベツについて、生育が少し悪く、平均重量が少なかった。白菜については差がなかった。

平成28年度 実証実験の状況

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
イメージ

お問い合わせ

長浜市役所産業観光部農政課

電話: 0749-65-6522

ファックス: 0749-65-1602

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

組織内ジャンル

産業観光部農政課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.