ページの先頭です

災害時における井戸水の使用に関する協定の締結について

[2016年3月3日]

ID:1403

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

災害時における井戸水の使用に関する協定を締結しました。

平成28年3月2日(水曜日)に、長浜市および長浜水道企業団と深井戸(注1)を所有する市内専用水道(注2)事業者3社との間で、災害時に不足する飲料水の確保を目的とした協定を締結しました。この協力協定を締結することにより、原子力災害をはじめとする大規模災害時に不足する飲料水の給水協力が得られます。

全体写真1
全体写真2

左から、長浜市長 藤井 勇治、日本電気硝子(株)滋賀高月事業場長 田中 誠一 様、ヤンマー(株)小形エンジン事業本部総務部長 佐々木 健司 様、三菱樹脂(株)長浜工場長 岩本 泰広 様、長浜水道企業団企業長 溝川 潔 様

日本電気硝子(株)滋賀高tき事業場 様
ヤンマー(株)小形エンジン事業本部 様
三菱樹脂(株)長浜工場 様

協定締結事業者(専用水道登録順)

日本電気硝子(株)滋賀高月事業場(長浜市高月町高月1979)

ヤンマー(株)小形エンジン事業本部総務部(長浜市川道町1009-2)

三菱樹脂(株)長浜工場(長浜市三ツ矢町5-8)

協定の目的

長浜市および長浜水道企業団が原子力災害ををはじめとする大規模災害時に不足する飲料水の確保を目的としています。

協定の内容

災害時において、長浜市および長浜水道企業団の水道施設が使用不能または水質異常により給水が出来なくなった場合において、給水車への補水等について市内専用水道事業者から協力を得るものです。

(注1)深井戸 被圧地下水を取水する井戸であり、被圧地下水は帯水層が難透水性の地層によって挟まれているため、圧力を有し、一般に水質は良好である。また、放射性物質による汚染の影響を受けない水源として報告されています。

(注2)専用水道 自己水源により飲料水を供給し、給水人口100人を超えるまたは一日最大給水量20立方メートルを超える自家用の水道施設、水道法により水質管理等が義務付けられています。

お問い合わせ

長浜市役所都市建設部下水道課

電話: 0749-65-1600

ファックス: 0749-65-1602

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.