ページの先頭です

建設リサイクル法

[2012年4月27日]

ID:1620

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

建築物の解体などで一定規模以上の工事にあたっては分別解体等と再資源化等が義務付けられました。
発注者による工事の事前届出や元請業者から発注者への事後報告、現場における標識の掲示などが義務付けられ、発注者・受注者間の契約手続きが整備されました。

※平成14年5月30日から義務付けられています。

分別解体等および再資源化の義務

特定建設資材を用いた建築物等の解体工事、特定建設資材を使用する新築工事等で一定規模以上の工事については、特定建設資材を基準に従って工事現場で分別(分別解体等)し、再資源化等をすることが義務付けられました。

分別解体等および再資源化等が義務付けされる工事の規模(対象建設工事)

分別解体等および再資源化等が義務付けされる工事の規模の詳細
工事の種類工事の規模
建築物の解体80平方メートル以上
建築物の新築、増築500平方メートル以上
建築物の修繕・模様替(リフォームなど)1億円以上
その他の工作物に関する工事(土木工事等)500万円以上

分別解体等および再資源化等必要となる特定建設資材

  • コンクリート
  • コンクリートおよび鉄から成る建設資材
  • 木材
  • アスファルト・コンクリート

工事発注から実施のながれ

工事の発注から実施のイメージ図

工事の事前届出

工事の発注者は、工事着手の7日前までに、分別解体等の計画等について、県や市の担当部局に届け出ることが必要です。(長浜市内で工事を行う場合は、長浜市開発建築指導課が窓口です)

届出に必要な書類(2部提出してください)

  1. 届出書(様式第1号)
     変更の場合は、変更届出書(様式第2号)
  2. 分別解体等の計画等
    ・建築物に係る解体工事:別表1
    ・建築物に係る新築工事等:別表2
    ・土木工事等:別表3
  3. 工程の概要を示す書面
  4. 付近見取り図(都市計画図など)
  5. 建築物等の設計図
     原則として方位、道路、敷地および届出建築物等の形状、位置および寸法が明記された図面。ただし、現状を示す明瞭な写真でも可

添付ファイル

Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

詳しくは・・・

お問い合わせ

長浜市役所都市建設部開発建築指導課

電話: 0749-65-6543

ファックス: 0749-65-6760

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

都市建設部開発建築指導課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.