ページの先頭です

農作業安全等の周知

[2016年7月25日]

ID:1890

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

集落ぐるみでより良い集落環境づくりをめざして

農業排水対策の徹底を!

琵琶湖への環境負荷を軽減し、代かきから田植え時期の河川への濁水の流入を抑えるため、農業者・関係機関がより一層の意識向上を図り、改善対策を継続することが重要です。

農家のみなさんは、肥料を含んだ農業排水を流さないよう管理を徹底しましょう。

  1. 春耕はていねいに行いましょう。
  2. 畦塗機等で一筆毎の漏水防止を万全にしましょう。
  3. 代かきは浅水で行い、以後の入水も最小限にしましょう。
農業排水対策に関する写真

農作業安全に十分注意を!

  • トラクターや田植機等であぜ越えをするなど、傾斜地を走行する時の転落・転倒事故に注意すること。
  • 機械の掃除や点検等を行う時は、必ずエンジンを止めること。
  • 農作業は、機械に巻き込まれにくい服装や安全防護用具(ヘルメット、草刈り時の防護眼鏡等)を着用するなど、作業に適した服装で行うこと。
  • トラクターや田植機などで道路を走行する時は、追突防止用に低速車マークや反射板を取り付けるようにすること。また、道路交通の安全確保や道路美化のため、機械についたワラくずや土は、できる限りほ場内で取り除くこと。
  • 草刈機を使用する際は、事前に農道や畦畔の点検を行い、石や空き缶など作業の障害となるものを取り除いておくこと。
  • 万一の事故に備えて労災保険に加入すること。

農繁期を迎え、農作業時に農業機械を使用する頻度が増えてくると、農作業事故発生の危険性も高まります。

農作業事故は、トラクターやコンバインなどの農業機械の運転操作の誤りによる転倒や転落が多く、発生場所は農地以外の道路や敷地内においても多く発生しています。

長時間の作業はこまめに休憩をとりながら行い、機械作業時には万一の事故に対処できるよう、トラクターに安全キャブやフレーム等の安全装備をつけると共に、二人以上で農作業を行うよう努めましょう。

事故防止のための注意点

転倒したトラクターの下敷きになったり、機械と立木の間に挟まれる事故が毎年発生しています。

「慣れている」、「自分だけは大丈夫」…ほんの少しの油断が事故の原因になります。
狭い場所やハウス内で方向転換する時は、ハンドルの跳ね上げ、後進時の転倒に注意!

乗用トラクターでは路肩からの転落により車体の下敷きになる事故が多発しています。路肩への寄り過ぎ、畦畔越えには十分注意するとともに、安全キャブまたは安全フレームを装着しましょう。また道路走行時には、忘れずにシートベルトを締めましょう。

コンバインへの巻き込み事故や、熱中症になり病院に運ばれるケースが毎年発生しています。

  1. コンバインへの巻き込まれ防止
    コンバインにワラやゴミが詰まったときは、必ずエンジンを切り、機械の停止を確認してから取り除く。
    手こぎ作業の際は機械に巻き込まれやすい手袋や腕抜きをはずし、上着の袖をきちんと締める。
    最近のコンバインには、非常停止ボタンが装備されているので、事前に確認しておく。
  2. 厚さ対策の徹底
    (1)気温の高い時間帯をできるだけ避けて作業する。
    (2)作業時間を短くし、休憩をこまめにとる。
    (3)冷たいタオルや飲料水を持参し、水分をこまめに摂取する。あわせて適度に塩分補給する。などの暑さ対策を徹底する。特に高齢者は無理をしないこと。

草刈作業での重傷事故が増えています。

  1. 作業時は安定した姿勢を保ち、ヘルメットや保護メガネ等の「保護具」を装着する。
  2. 作業前に石や空き缶、木枝等を取り除き、カッターのゴミを除去するときは、必ずエンジンを切る。また周囲に人を近づけないこと。

草刈作業での重傷事故も多発しております。作業時には、ヘルメットや保護メガネ等を装着し、作業前に石や空き缶等を除去するなどの安全確認を行い作業しましょう。

事故の多くは、農業機械の基本操作や安全確認を怠った時に発生しています。特に疲れが出始めるお昼前や夕方の時間帯に多発しています。農作業をする際は、必ず午前と午後に1回ずつ休憩時間をとりましょう。

ゆとりをもって安全な農作業を心がけることが肝心です。

万が一の事故に備えて「労災保険」に加入しましょう!一定の要件を満たしていれば自営農業者本人が加入できる「特別加入制度」が用意されています。

保護具の説明画像

農作業に伴う道路の清掃に協力を!

農作業に伴う田畑への出入りの際に農業機械などから土(泥)が道路に落ちることがあります。農家のみなさんには交通事故などの原因となる場合もあるため、速やかに除去清掃をお願いします。

なお、付近住民のみなさんは道路を通行する際には、十分気を付けていただくことはもちろんですが、農業は食の源であり、田畑は自然環境を保全する重要な役割を持っています。国家財産でもある農地を農家のみならず、地域全体で守っていくため、作業の状況や移動の工程などにより除去や清掃が後回しになる場合もあり、大きな土の塊が落ちているなど気がついた方は、道路脇に移動させる配慮や道路清掃のお手伝いなどに御協力をいいただき、住み良い地域づくりへのご理解をお願いいたします。

農作業安全について学ぼう

お問い合わせ

長浜市役所産業観光部農政課

電話: 0749-65-6522

ファックス: 0749-65-1602

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

産業観光部農政課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.