ページの先頭です

国民年金のいろいろな制度

[2012年3月30日]

ID:2129

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

免除制度

保険料を納めることが困難な人に対して、申請により保険料の納付が免除される制度(全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除)があります。ただし、本人・配偶者・世帯主の前年所得が一定基準以下の場合に限ります。
免除が承認された期間は受給資格期間として計算され、年金額は次のとおりです。

平成21年4月以降の免除承認期間

  • 全額免除の年金額
     保険料を納付した場合の2分の1
  • 4分の3免除の年金額
     保険料を納付した場合の8分の5
  • 半額免除の年金額
     保険料を納付した場合の4分の3
  • 4分の1免除の年金額
     保険料を納付した場合の8分の7

平成21年3月以前の免除承認期間

  • 全額免除の年金額
     保険料を納付した場合の3分の1
  • 4分の3免除の年金額
     保険料を納付した場合の2分の1
  • 半額免除の年金額
     保険料を納付した場合の3分の2
  • 4分の1免除の年金額
     保険料を納付した場合の6分の5

若年者納付猶予制度

20歳から50歳未満の人で、保険料を納めることが困難な人は、申請により保険料の納付が猶予される制度があります。ただし、本人・配偶者の前年所得が一定基準以下の場合に限ります。申請が承認された期間は、受給資格期間として計算されますが、年金額には反映されません。※平成28年6月までは30歳未満、平成28年7月からは50歳未満が、若年者納付猶予の制度の対象となります。

学生納付特例制度

学生の場合、申請により保険料の納付が猶予される制度があります。ただし、本人の前年所得が一定基準以下の場合に限ります。特例が承認された期間は、受給資格期間として計算されますが、年金額には反映されません。

追納制度

免除、若年者納付猶予、学生納付特例が承認された期間は、保険料を満額納めた場合よりも老齢基礎年金の受取り額が少なくなってしまいます。そこで、生活にゆとりができたときは、当時の保険料を10年前までさかのぼって納めることのできる「追納」をお勧めします。追納することにより、保険料を納付した場合と同じ金額で老齢基礎年金を受け取ることができます。ただし、3年度目以降の分を追納するときは、当時の保険料に加算額がつきます。

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部保険医療課

電話: 0749-65-6512

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.