ページの先頭です

福祉医療の主な届出

[2016年5月11日]

ID:2253

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

次のようなときは届け出てください。(いずれも本人以外の人が手続きをされる場合は、受給者本人の印鑑をお持ちください。別世帯の人の場合は、委任状が必要です)

受給者に該当するとき

こどもが生まれたとき

必要なもの

  • 健康保険証
    (出生児が加入予定の健康保険証または資格証明書)


届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

身体障害者手帳または療育手帳等を取得したとき

  • 身体障害者手帳(1級から3級、4級の一部)
  • 療育手帳(A1・A2)
  • 療育手帳(B1)かつ身体障害者手帳(3級)
  • 特別児童扶養手当1級該当

必要なもの

  • 健康保険証
  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 所得証明書

     ・1月から7月までに申請するとき:前々年の所得により判定

     ・8月から12月に申請するとき:前年の所得により判定

     転入などにより長浜市で所得を確認できない方のみ証明書が必要です。

     合計所得金額・扶養人数・諸控除・住民税課税額が記載されている証明書をご用意ください。

   

届ける場所

  • 本庁しょうがい福祉課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

母子家庭になったとき

必要なもの

  • 健康保険証
  • 母子家庭福祉医療証明書
  • 所得証明書の取り扱いは「身体障害者手帳または療育手帳等を取得したとき」に同じ。

届ける場所

  • 本庁子育て支援課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

父子家庭になったとき

必要なもの

  • 健康保険証
  • 父子家庭福祉医療証明書
  • 所得証明書の取り扱いは「身体障害者手帳または療育手帳等を取得したとき」に同じ。

届ける場所

  • 本庁子育て支援課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

受給者に該当しなくなるとき

次のように受給者に該当されなくなると、受給券に記載された有効期間にかかわらず、福祉医療の助成を受けることができなくなりますので、速やかに受給券をお返しください。受給資格がなくなった後に使用された場合は、助成費用を返還していただくことになります。

他市町村へ転出するとき 生活保護を受けるようになったとき 死亡したとき

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

母子家庭の要件を満たさなくなったとき

  • 婚姻したとき(事実婚を含む)
  • 同居したとき
  • 児童を扶養しなくなったとき など

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)

届ける場所

  • 本庁子育て支援課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

父子家庭の要件を満たさなくなったとき

  • 婚姻したとき(事実婚を含む)
  • 同居したとき
  • 児童を扶養しなくなったとき など

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)

届ける場所

  • 本庁子育て支援課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

重度心身しょうがい者の要件を満たさなくなったとき

  • 身体障害者手帳の等級変更
  • 療育手帳の等級変更 など

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)
  • 身体障害者手帳または療育手帳

届ける場所

  • 本庁しょうがい福祉課、または保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

その他、受給資格に変更があったときは、福祉医療費受給券をお持ちのうえ、届け出てください。

その他届け出が必要なとき

福祉医療費受給券は加入の健康保険証とあわせて医療機関に提示していただくものです。適正にお使いいただけるよう、変更があった場合は必ず窓口にお届けください。

加入保険が変わったとき

必要なもの

  • 新しく加入された健康保険証(勤務先の保険に加入している方で、保険証の記号番号などが変わった場合もお届けください)

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

住所・氏名が変わったとき

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

福祉医療費受給券(助成券)を紛失したとき

福祉医療費受給券(助成券)を再交付します

必要なもの

  • 運転免許証など本人確認ができるもの
  • 代理申請の場合は受給者本人の印鑑(別世帯の人が手続きをする場合は委任状が必要です。)

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

重度心身しょうがい者が65歳に達したとき

後期高齢者医療制度を選択することができます。(65歳~74歳の間に初めて身体障害者手帳の交付を受けた場合は、申請日から選択することができます。)

必要なもの

  • 健康保険証
  • 福祉医療費受給券(助成券)
  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • 運転免許証など本人確認ができるもの
  • 受給者本人の印鑑(別世帯の人が手続きをする場合は委任状が必要です)

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課

払い戻しがあるとき

次の場合は、払い戻しがありますので、本人または保護者が申請してください。

※払い戻しの申請期限はお支払の日の翌日より5年間です。

県外の医療機関にかかったとき

一旦お支払いになった保険適用総医療費の自己負担分を払い戻します。部屋代・食事代等の保険適用外料金、ご加入の保険者から支給される高額療養費・附加金等相当分、他の公費からの助成分は福祉医療の助成対象外です。

必要なもの

  • 福祉医療費受給券(助成券)
  • 印鑑
  • 本人または保護者の振込先の口座がわかるもの
  • 領収書原本(受診者名、保険点数、支払金額、医療機関名が記載され、領収印のあるもの)
  • 健康保険証
  • 高額療養費、附加給付等の支給決定通知書等(該当する方のみ)

コルセット等の装具代金、治療用眼鏡(9歳未満)代金を支払ったとき

上記県外受診時の必要なものに加え、医師の「意見書・装着証明書」、「治療用眼鏡等の作成指示書」が必要です。長浜市国民健康保険、後期高齢者医療制度以外の健康保険にご加入の人は、療養費支給決定通知書の添付も必要です。

届ける場所

  • 本庁保険医療課
  • 北部振興局福祉生活課、各支所

この組織からさがす:市民生活部/保険医療課

お問い合わせ

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部保険医療課

電話: 0749-65-6512

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.