ページの先頭です

平成29年度 予防接種事業(乳幼児)

[2016年9月7日]

ID:2302

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成28年10月1日よりB型肝炎ワクチンの定期接種が始まります。

  • 対象は、平成28年4月1日以後に生まれた方で、1歳の誕生日前日までです。
  • 基礎免疫をつけるには、3回の接種が必要です。1回目の接種から3回目の接種を終えるまでにおおよそ半年間かかります。1歳を過ぎると定期接種の対象外となりますので計画的に接種をしてください。

B型肝炎ワクチン予防接種の概要については、こちらをご覧ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ワクチンで防げる病気からお子様を守りましょう。

生後2か月から、かかりつけ医での予防接種を始めましょう。

予防接種を受ける前には…

  1. お子さまの体調はよいですか。
  2. 受ける予防接種の必要性、効果、副反応などについて理解していますか。

予防接種を受ける前には、冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読んで保護者の理解のもと受けましょう。

※冊子はすこやか手帳とともにお渡ししています。それぞれの予防接種の詳しい説明はこちらをご覧ください。

添付ファイル

予防接種には原則、保護者(父・母・後見人)が同伴してください。

やむを得ず保護者が同伴できない場合はお子様の普段からの様子をよく知っている親族などが同伴できます。この場合は、保護者が記入した委任状を同伴者に預けてください。

保護者同伴が原則ですが、13歳以上の人が(日本脳炎・子宮頸がん予防ワクチン)を受ける場合は、保護者記入の「同意書」と「予診票」を提出すると本人だけで受けることができます。

※予防接種を受けた後は急な副反応が起きる場合があるので、できる限り保護者などが同伴していただくようお願いします。

添付ファイル

予防接種を受ける時の持ち物

母子健康手帳、保険証など住所が確認できるもの
予診票はBCG以外は全て医療機関にあります。

Q&A 『こんな時は…』

  1. 予防接種を(長浜市外・米原市外)で受けたいのですが…
     滋賀県予防接種広域化事業を利用して、滋賀県内の指定医療機関でも公費で、受けることができます。健康推進課まで問い合わせてください。
  2. 予防接種を県外で受けたいのですが…
     保護者からの申請に基づき、「予防接種依頼書」を発行します。また、補助金制度についてご説明します。まず、健康推進課までご連絡ください。


お問い合わせ

長浜市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0749-65-7779

ファックス: 0749-65-1711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

健康福祉部健康推進課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.