ページの先頭です

後期高齢者医療保険料の軽減内容が変わりました

[2017年5月29日]

ID:2783

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

後期高齢者医療保険料の軽減内容が変わりました

平成29年4月1日から、後期高齢者医療保険料の軽減内容が変わりました。

詳しい内容や保険料額については、7月に郵便で被保険者の皆さんへお知らせします。

<変更点>

○被用者保険の被扶養者だった人の均等割額

後期高齢者医療制度に加入する前日まで被用者保険(職場の健康保険等)の加入者に扶養されていた人の保険料の軽減割合が、9割から7割に変わります。

所得割額

所得割額の算定基礎となる所得の額が58万円を超えない人の所得割額の軽減割合が、5割から2割に変わります。

○均等割額の軽減対象となる人の所得範囲の拡大

均等割額が5割または2割軽減される対象となる人の所得の範囲が拡大されます。

(5割軽減の対象者)

被保険者とその世帯の世帯主の総所得金額等が、次の計算式を超えない人

「基礎控除額(33万円)」+「27万円×世帯の被保険者数」

(改正前)「基礎控除額(33万円)」+「26.5万円×世帯の被保険者数」

(2割軽減の対象者)

被保険者とその世帯の世帯主の総所得金額等が、次の計算式を超えない人

「基礎控除額(33万円)」+「49万円×世帯の被保険者数」

(改正前)「基礎控除額(33万円)」+「48万円×世帯の被保険者数」


お問い合わせ

長浜市役所市民生活部保険医療課

電話: 0749-65-6512

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


後期高齢者医療保険料の軽減内容が変わりましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.