ページの先頭です

平成30年度給与支払報告書の提出

[2017年12月1日]

ID:3705

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

提出する義務のある方

 平成29年中に給与・賃金等を支払った方(法人・個人を問いません)。

給与支払報告書の提出期限・提出先

 平成29年中に給与の支払いをしたすべての従業員等(パート、アルバイト、役員等を含む)について提出してください。

提出期限

 平成30年1月31日(水)(整理の都合上、お早めの提出にご協力お願いします)

提出先

 平成30年1月1日現在の従業員等の住所所在地の市町村

個人事業主の方が提出者の場合

  1. 提出者(個人事業主)の個人番号がわかる書類
  2. 提出者(個人事業主)の身元確認書類

上記2点が必要となりますので、御注意ください。

給与支払報告書の提出に際しての注意

  • 作成の際には、受給者の平成30年1月1日現在の住所を確認してください。
  • 個人の特定のため、受給者のフリガナ、生年月日、マイナンバー(個人番号)を必ずご記入ください。
  • 就職された方に前職分の給与等があり、前職分の支払金額を合算している場合、二重課税防止のため、必ず摘要欄に前職分給与支払額等を記入してください。
  • 扶養親族がいる場合、重複控除防止のため必ず該当欄に扶養者の氏名、個人番号を記入してください。
  • 必ず総括表を添付してください。 個人別明細書のみで提出することのないようにしてください。
  • 総括表に特別徴収分、普通徴収分それぞれの人数と給与支払者の法人番号(個人事業主の場合はマイナンバー)を記入してください。

退職等の理由により普通徴収の対象となる従業員がいる場合

  • 普通徴収への切替理由書(仕切紙)を普通徴収対象者(特別徴収できない人)の給与支払報告書の上に付けて提出してください。(特別徴収のみの場合は不要)
  • 下記の個人住民税の普通徴収への切替理由書の提出が必要です。普通徴収対象の方は、摘要欄に普通徴収への切替理由書の略号を記入してください。
  • 切替理由書には各欄該当者の人数を、個人別明細書の摘要欄には該当理由の略号を記入し、総括表の普通徴収欄の人数と切替理由書の合計人数が一致することを必ずご確認ください。

普通徴収への切替理由書の略号

 a. 退職者、または退職予定者(5月末まで)

 b. 給与が少なく、個人住民税を特別徴収しきれない者(休職含む)

 c. 給与の支払期間が不定期(支払が毎月ではない等)

 d. 他事業所から個人住民税が特別徴収されている者

 e. 専従者給与を支給されている者

  ※a~eの5項目以外が理由の普通徴収は認められません。

普通徴収への切替理由書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
Excel Viewer の入手
xlsファイルの閲覧には Microsoft社のExcel Viewerが必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Microsoft社のサイトから Excel Viewer をダウンロード(無償)してください。

普通徴収への切替理由書提出時

下記の図のようにご提出ください。


1.総括表
2.個人別明細書(特別徴収分)
3.普通徴収切替理由書兼仕切り紙
4.個人別明細書(普通徴収分)

  • 給与支払報告書を提出した後に、特別徴収該当者に退職等の異動が生じたときは、必ず異動届を提出してください。なお、現在の特別徴収納入先と給与支払報告書提出先の市区町村が異なる場合、それぞれの市区町村に異動届を提出してください。
  • 給与支払報告書提出後に訂正や追加があったときは、総括表・給与支払報告書それぞれに「訂正分」または「追加分」と明記したうえ、再提出してください。

eLTAX(エルタックス)・光ディスク等による給与支払報告書の提出について

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部税務課

電話: 0749-65-6508

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成30年度給与支払報告書の提出への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.