ページの先頭です

長浜エリアリノベーション事業

[2018年12月6日]

ID:4968

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ながはまデザイン会議参加者募集!

 商業観光地として発展してきた長浜の中心市街地ですが、近年は、少子高齢化や人口減少、空き家、空き店舗問題などの課題を抱えています。
 今一度長浜が抱える課題や持っている可能性を確認し、全国のまちづくりを先導する有識者とともに新しい長浜の日常を検討、共有する、「ながはまデザイン会議」を開催します。

  詳しくは、添付のチラシ裏面をご覧ください。

日時等

  • 日時 平成30年12月13日 午後4時から午後6時45分まで
  • 会場 長浜市役所 本庁 多目的ルーム1~4
  • スケジュール

     第一部 午後4時から午後4時50分「長浜のまちづくりの歩みと、これからの可能性」

        第二部   午後5時から午後6時45分「長浜の新しい日常を共創するエリアリノベーションに必要なこと」

       ※1部、2部どちらかのみの参加も可能です。

  • 登壇者 株式会社オープン・エー 代表取締役 馬場正尊、長浜まちづくり株式会社 吉井茂人、竹村光雄など
  • 申込 不要
  • 参加費 無料

詳細

  • 第一部「長浜のまちづくりの歩みと、これからの可能性」

 これまでの長浜のまちづくりを振り返り、まちの現状をみなさんと共有し、中心市街地でできる暮らしの中から、長浜まちづくりの可能性と進む道を探ります。

  • 第二部「長浜の新しい日常を共創するエリアリノベーションに必要なこと」

 新たなまちづくりの担い手とこれまでのまちづくりの担い手と共に長浜の新しい日常を共創するの方法を探ります。長浜に暮らす、暮らそうとするみなさんは、その時何ができるのかを意見交換し、エリアリノベーションを展開するために必要なことを考えていきます。 


ながはままちづくりキャンプ参加者募集!

 滋賀県長浜市で、自分のやりたい暮らしを実現させるための計画をつくり、自分の未来を一緒に実現する仲間に出会いませんか?

 ながはまエリアリノベーション事業のメインとなる「まちづくりキャンプ」は、空き家や空き店舗のリノベーションという手法を通じて、まちの歴史や未来を読み解き、長浜に新たな価値を生み出すイベントです。イベントと言っても、みんなでまちを歩き、企画して楽しんで終わりというわけではありません。

 エリアの価値の読み解き方、コンセプトや企画のつくり方、事業計画や事業収支の考え方から事業展開のプロモーション方法まで、遊休不動産の活用に必要なノウハウを、実際の不動産を対象として2日間で集中的に学びます。

 そして、学ぶだけではなく、期間中に収支計画などの事業プランを実際に計画し、最終日には遊休不動産オーナーへの提案を行うなど、事業化に向けた本気の実践的な取り組みを行います。

 自分スタイルの暮らしを長浜で実現したいという方、長浜への移住を少しでも考えている方、創業準備中だったり創業を考えている方、なんとなく長浜で面白いことやってみたいと思っている方は、ぜひ「まちづくりキャンプ」にお申し込みください。

 詳しくは、添付のチラシをご覧ください。

講師陣

 期間中、その取り組みを支えてくれるのは、まちで面白いことを仕掛ける第一線で活躍する講師陣です。

 まちづくりのプロフェッショナルから学び、実践していく貴重な機会です。


・加藤寛之

都市計画家として建築、デザイン、都市計画などの分野を横断的に考え、まちづくりの戦略づくりや、自らもベーカリー店「THE MARKET」を営む、株式会社サルトコラボレイティブ代表

・岡部祥司

アウトドアを活かした働き方や、青空学校など街中のパブリックスペースを活用し、地域に新しいつながりの場を生み出しているNPO法人ハマのトウダイ共同代表

・馬場正尊

エリアリノベーションというまちづくりの次の概念を提唱する、株式会社オープン・エー代表


日程

平成31年1月12日(土曜日)から1月13日(日曜日)の2日間

0日目 オープニングパーティー

1日目 ガイダンス、公開講座、グループワーク(終日)

2日目 グループワーク、成果発表会(17時30分から)、クロージングパーティー

※開催前日の1月11日(金曜日)に講師陣などとの懇親を兼ねたオープニングパーティーを行いますので、可能な限りご参加下さい。


会場

曳山博物館(長浜市元浜町14番8)

定員

15名程度

※チームに分かれて、市内の具体的な遊休不動産を対象に、エリアの新たな魅力となる事業のプランニングを行います。

参加料

無料(ただし、別途懇親会などの参加費あり)

参加条件

・原則、初日のオープニングパーティから全日参加可能な方

・自ら実践者となってまちづくりに参加する意思のある方

・経験は不問(学生も可)


申込方法

平成31年1月7日(月曜日)までに、下記の申込みフォームよりお申し込みください。

応募多数の場合は申込み内容をもとに選考を行います。

選考結果は1月9日(水曜日)に通知いたします。

申込みフォーム(別ウインドウで開く)

長浜エリアリノベーション事業とは?

 中心市街地の賑やかな商店街から少し離れた住宅街や静かな路地裏などのエリアで、湖北らしい豊かな暮らしに着目した幅広い年齢層が集う場づくりや店づくり、若者の起業・出店などが、古くなった建物を再生することで進んでいます。
 こうした偶発的に点在してきた取り組みを活性化させ、まちを元気にする変化を連鎖的に起こすきっかけとして、中心市街地を対象に、まちなかの空き家や空き店舗を資源としてとらえた、講演会やまち歩きワークショップ、そして「まちづくりキャンプ」などをとおして、幅広い立場の方々と共に考え実践するものです。

real local 長浜 limited

 「real local/リアルローカル」は、新しい視点でローカルを発見し、紹介していくサイトです。

 本サイトに、「ながはまエリアリノベーション事業」のこれまでのプログラムのレポートやreal localならではの視点で、長浜の「人」「仕事」「イベント」などを紹介しています。

 そのほか、様々な地域の「物件」「人」「仕事」「イベント」「宿/拠点」「店」などの情報を発信していますので、是非ご覧ください。

■real local 長浜 limited(別ウインドウで開く)



キックオフ講演会(終了しました)

 事業の開始にあたって、地域の新たな可能性を幅広い立場の方々と共有するための講演会です。

  講演会のレポートはこちら(別ウインドウで開く)から

キックオフ講演会

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ながはまトレジャーハンティング(終了しました)

 まちのお宝探しに長けたサポーターと一緒に、見慣れた風景をいつもとは違う視点で見れば、きっと今まで気づかなかったまちのお宝が見つかる!

 ながはまトレジャーハンティングでは、まちに眠っていたお宝を活用して、「こんなものがあったらいいな」を実現するアイディアをサポーターと参加者が一緒に考えます。そして、そのアイディアを発表し、まちのみなさんと一緒にエリアのビジョンを描きます。

 なお、今回の事業においては、中心市街地の一定のエリアを対象にモデル的に実施します。

 詳しくは、添付のチラシをご確認ください。

ながはまトレジャーハンティングチラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

長浜市役所産業観光部長浜駅周辺まちなか活性化室

電話: 0749-65-6545

ファックス: 0749-64-0396

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

産業観光部長浜駅周辺まちなか活性化室

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


長浜エリアリノベーション事業への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.