ページの先頭です
FAQ

医療費がたくさんかかりましたが、市・県民税の還付は受けられますか。

[2018年11月16日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

回答

前年中に、ご自身またはご自身と生計を一にされている配偶者、その他の親族の医療費を支払った場合には、下記の式で算出された額に基づき控除を受けることができます。

  1. (医療費-保険金などで補てんされる金額)-総所得金額等×5パーセント
  2. (医療費-保険金などで補てんされる金額)-100,000円

上記1、2のいずれか多い方が控除額で、課税される所得金額から控除されます。「保険金などで補てんされる金額」には、出産一時金、高額療養費などを含みます。なお、控除限度額は200万円です。

平成29年分確定申告から、領収書の代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。医療費控除を申告される人は、医療費控除の明細書を必ず事前に作成して、確定申告または市・県民税申告をしてください。なお、領収書は5年間、ご自宅で保管ください。

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部税務課

電話: 0749-65-6508

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.