ページの先頭です
FAQ

マイナンバーカードに搭載される電子証明書とは何ですか?

[2017年3月30日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

回答

マイナンバーカードには2種類の電子証明書が標準搭載されます。(不要な場合は申請により搭載しないことも可能です。ただしその場合は以下の電子証明書を利用するそれぞれのサービスを受けることができなくなります。)

  1. 署名用の電子証明書
    ※15歳未満の方、成年被後見人の方には原則発行されません。
     インターネットを通じたオンラインの申請や届出(e-Tax等)を行う際に利用します。作成・送信した電子文書が、確かに本人が作成した真正なものであり、本人が送付した情報であることを証明することができます。
    有効期間は発行した日から5回目の誕生日までです。(ただし氏名・住所・生年月日・性別の4情報に変更があると失効し、利用できなくなります。失効した場合は、再度発行申請が必要です。)
  2. 利用者証明用の電子証明書
     インターネットサイトや多機能端末等にログインする際(コンビニ証明書交付サービス等)に利用します。ログインした者が、確かに本人であることを証明することができます。平成29年1月以降に開設される、各行政機関がマイナンバーのついた自分の情報をどのようにやりとりしたか等を閲覧できる「マイナポータル」にログインするためには、この電子証明書が必要です。有効期間は発行した日から5回目の誕生日までです。自動更新はされないので、有効期間満了前に更新または有効期間満了に伴う失効後に再度発行申請が必要です。

※マイナンバーカード総合サイト
※内閣官房ホームページ/マイナンバー社会保障・税番号制度

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.