ページの先頭です
FAQ

国民健康保険料が前年度と比較して高額となったのはなぜ?

[2017年3月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

回答

平成28年度国民健康保険料については、医療技術の高度化等により引き続き医療費が増加していることにより保険料率を引き上げたため、前年度と所得が同じ場合であっても保険料額は上昇することとなりました。
なお、この引き上げ以外に保険料額が前年度と比較して高額となる要因としては、以下のことが考えられます。

  • 国民健康保険の加入者が増えている。(転入、社会保険からの離脱、出産、世帯合併等)
  • 所得金額が前年度より増額となっている。(就職、譲渡所得の発生等)
  • 昨年度あった月割り減額がなくなっている。(前年度、年度途中から国保に加入した者がいた等)
  • 介護保険料が新たに加わっている。(40歳から64歳の方は、介護保険料が賦課されています)
  • 賦課限度額が引き上げられたことにより増加している。
  • 昨年度かかっていた保険料の軽減措置がかかっていない。

この中で、保険料の軽減措置の適用を受けるためには、世帯主および国民健康保険の加入者全員の所得が申告されている必要があります。前年度から所得や被保険者数に変更がないのに軽減措置の対象外となった方については、所得の申告がされていない可能性がありますので、一度市役所に確認してください。ただし、国民健康保険加入者の所得がない場合でも、世帯主の所得が多い場合には軽減の対象外となります。また、所得がない場合であっても、均等割・平等割は賦課されるため、保険料がゼロになることはありません。

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部税務課

電話: 0749-65-6508

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.