ページの先頭です
FAQ

私は、前年中に妻が病気で入院し、医療費として80万円支払いました。医療費控除の額はいくらになりますか?なお、私の前年中の所得は450万円、保険会社からの補てん金は50万円です。

[2017年3月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

回答

医療費控除額は、次の2とおりの計算の結果、高いほうの金額となります。

  • 前年中に支払った医療費-保険などで補てんされる金額-10万円
  • 前年中に支払った医療費-保険などで補てんされる金額-総所得金額等の5パーセント
     あなたの場合、1の式では20万円、2の式では75,000円となりますので、医療費控除額は高いほうの金額、20万円になります。

医療費控除の対象となるものには、次のようなものがあります。

  • 医師、歯科医師などによる診療・治療代
  • 治療、療養のための医薬品の購入費
  • 通院費用、入院の部屋代などの治療をうけるために直接必要なもの
  • 電車、バス、タクシーなどの公共交通機関による交通費

ただし、次のようなものは医療費控除の対象になりません。

  • 医師などに対する謝礼
  • 健康診断や美容整形の費用
  • 健康増進や疫病予防のための医薬品、健康食品の購入費
  • 治療を受けるために直接必要としないメガネ・コンタクトレンズ・補聴器の購入費
  • 自家用車による交通費

医療費控除を受けるためには、所得税の確定申告書あるいは住民税の申告書を提出する必要があります。そのとき、支払った医療費の領収書を申告書に添付するか、提示する必要があります。

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部税務課

電話: 0749-65-6508

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.