ページの先頭です

長浜市地域支援職員制度

[2017年3月13日]

ID:1864

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地域づくり協議会の事務手続きや企画・立案に対する助言や市と協議会の連携強化を図るとともに、職員が地域の現状把握や地域づくりについて理解を深め、今後の市民協働に向けての視点を養うため、各地域づくり協議会から派遣の要請があった場合に地域支援職員として配置するものです。

1 制度のねらい

  1. 地域づくり協議会(地域)と市との距離を近くし、連携強化を図る。
  2. 地域づくり協議会における課題解決や新たな事業への企画・立案の手助けとなる。
  3. 市職員にとって、地域の現状を知ることができ、地域づくりについての理解を深め、市民協働の視点を養うことができる。

2 地域支援職員の役割、任期、配置状況

主な役割

  1. 事業の企画段階から会議に出席し、意見を述べて一緒に事業を作りあげていく。
  2. 協議会が要請する支援内容についての助言や情報提供、また市関係課やその他の関係団体との連絡調整。
  3. 協議会の事業(イベント活動等)への裏方としての参加。

任期

2年以内

配置状況(令和2年4月現在)

各地域づくり協議会からの要請に基づき、1協議会につき原則2名を配置。

現在は、24協議会中17協議会に計31名を配置しています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.