ページの先頭です

平成30年度長浜市職員働き方改革の取組

[2018年8月1日]

ID:4734

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成30年度長浜市職員働き方改革の取組

1.趣旨

職員が健康で生き生きと働き、その能力を最大限発揮し、行政サービスを向上させるためには、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)のとれた働き方と、誰もが働きやすい職場環境づくりが重要です。

そこで、ワークライフバランスの実現をめざして、職員一人ひとりの意識変革を促し、働き方が変わることを実感することで、限られた時間の中でも、効率的な仕事のやり方で生産性の向上を図るため、平成30年7月1日~12月28日を集中取組期間として、各取組を推進します。

長浜市職員の働き方改革の取組について(概要)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2.主な取組

(1)定時退庁日(毎週水曜日)の徹底

毎週水曜日は、緊急対応などを除き、全職員が原則18時までに退庁します。

 ○8時30分及び17時00分に、パソコン画面上に定時退庁を促すメッセージを表示します。

 ○12時45分及び17時00分に、館内放送で定時退庁をアナウンスします。

(2)毎日20時完全退庁の徹底

残業の慢性化をなくすため、外部団体の会議、市民説明会及び緊急対応を除き、全職員の庁舎退庁時刻を毎日20時までとします。

 ○19時45分、20時00分に、パソコン画面上に20時退庁を促すメッセージを表示します。

 ○19時50分に館内放送でBGMを流します。

(3)ワークライフバランス推進のための全庁キャンペーンの実施

 ○有給休暇の取得促進のため、家族や大切な人のために休暇を取る「ラブ休暇」を推進します。

(4)時差出勤勤務の実施について

7月から12月まで、通常の勤務時間と異なる時間帯で勤務ができる「時差出勤勤務」を行います。

  • A勤務(早勤):7時30分~16時15分
  • B勤務(遅勤):10時30分~19時15分

※執務時間(窓口対応時間)の8時30分から17時15分は変更しません。

※施設や業務の特性にあわせ、実施する職員は各所属で調整します。

3.市民サービスについて

  • 市民サービスが低下しないよう、執務体制を確保するなど十分配慮して実施します。
  • 窓口対応時間(木曜日延長窓口含む)は、従来どおり変更ありません。

お問い合わせ

長浜市役所総務部人事課

電話: 0749-65-6502

ファックス: 0749-63-4111

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成30年度長浜市職員働き方改革の取組への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.