ページの先頭です

至誠通天97 県内初の施設一体型の義務教育学校で総合教育会議を開催!

[2018年7月27日]

ID:4991

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

広報ながはまに毎月掲載している市長コラム「至誠通天」です。

※至誠通天 誠を尽くせば天が味方してくれること

至誠通天97 県内初の施設一体型の義務教育学校で総合教育会議を開催!

 長浜市総合教育会議を開催しました。この会議は、市長が議長を務め、教育長と5名の教育委員の皆さんがメンバーです。様々な教育の課題に対して真剣な議論を重ね、教育の充実を図る重要な会議です。
 今回は、県内初の施設一体型義務教育学校としてこの4月に開校した「余呉小中学校」をテーマとして、施設や学習の様子を参観し、意見交換を行いました。
 地域学習を行う「余呉ふるさと科」の授業では、丹生茶碗まつりの花笠やっこ踊りを地域の人に習ったり、プログラミングを学んだりした児童生徒の皆さんはいきいきとしていました。
 学校のランチルームでは1年生から9年生までが一緒に食事をとり、誕生日会も開かれています。異学年の交流を日常的に行い、高学年には思いやりの心、低学年には高学年へのあこがれの心が育まれています。また、6年生の授業を中学校の教科担当が実施するなど、小中一貫の特徴が大きく活きていました。
 校長先生は、小学校と中学校が結婚したようなものと表現されていました。互いに相手を受け入れる苦労はあるけれど、結婚してよかったという言葉をいただき、ひとまず安心しました。この新しい取り組みは、子どもたち、先生、地域の方々にとって、毎日挑戦の連続です。その挑戦により、余呉小中学校という新しい文化が創造されております。
 長浜市としましても『Challenge(挑戦)&Creation(創造)』を合言葉に、子どもたちの夢や希望を膨らませることができるよう、教育環境づくりについて、今後も教育委員の皆さんと活発な意見交換を行い、より良い教育の方向性を見出していきます。

▲余呉小中学校で授業を参観

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.