ページの先頭です

ICTを活用した市民課手続きに関するサービス向上システムの官民協働研究及び実証実験の実施

[2018年10月26日]

ID:5509

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

市民課手続きは 「ひでよしくん」に聞いてみよう! 住民異動届も事前に作成できます!

長浜市は、市民サービスの向上を図るため、複雑で多岐にわたる市民課手続きについて、知りたいことを、知りたい時に、的確に、わかりやすく説明し、市民の皆さまがよりスムーズに手続きを済ませることができるよう、ICTを活用したシステムを官民協働により研究を進めています。

このたび、本研究で開発した2つのシステム(「QAチャットボット」と「CHA-CHAT申請」)を公開し、実証実験を行います。

1 官民協働研究者

官:長浜市

民:京都電子計算株式会社(長浜市住民情報システムサービス提供事業者)

2 官民協働研究の内容

市民課手続きに関するサービス向上システムの研究

  1. QAチャットボット(市民課手続き自動回答機能)の開発、実証実験
  2. CHA-CHAT申請(住民異動届の事前作成・発行機能)の開発、実証実験

■チャットボットとは・・・
「チャット」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、人工知能(AI)を活用した「自動対話プログラム」のこと。
人間同士が対話する「チャット」に対して、「チャットボット」は、人間に代わって、人工知能を組み込んだコンピュータが相手となって対話するもの。

3 官民協働研究の期間

2018年6月から

4 実証実験

  1. 期間 2018年11月1日から
  2. 概要 官民協働研究で開発する次の2つのシステムを、市民等に実際に利用いただき、機能等の実証を行いながら、改良を行います。
  • (1) QAチャットボット(市民課手続き自動回答機能)
    市民課手続きについての問い合わせはQAチャットボットをご利用ください。

  • (2) CHA-CHAT申請(住民異動届の事前作成・発行機能)
    住所異動(転入・転居・転出)の届出書作成はCHA-CHAT申請をご利用ください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ICTを活用した市民課手続きに関するサービス向上システムの官民協働研究及び実証実験の実施への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.