ページの先頭です

東京都台東区の『お江戸「上野・浅草」まつり』

[2019年9月11日]

ID:6930

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長浜に“江戸まち たいとう”がやってくる!

 台東区と長浜市は平成29年3月から文化・観光および産業の特定分野における連携協定を結んでいます。

 台東区は上野恩賜公園のある上野や浅草寺のある浅草を中心に、年間5,000万人を超える観光客が訪れる観光都市であると同時に、江戸の文化を色濃く残す文化都市でもあります。

 この度台東区が、区の誇る文化や伝統を発信するイベント『お江戸「上野・浅草」まつり』を開催します。

 ただ見るだけでなく、江戸のこころと文化を肌で感じていただくために様々なワークショップや講演会が予定されています。

 すべて無料で楽しんでいただけますので、是非ご参加ください。

 開催日や事前募集などの概要は次のとおりです。

 ※チラシには事前募集の締切が9月10日となっておりますが、10月4日(金)まで延長しました!

お江戸「上野・浅草」まつりチラシ表

チラシ表(クリックすると拡大)

お江戸「上野・浅草」まつりチラシ裏

チラシ裏(クリックすると拡大)

開催概要

日時

令和元年10月5日(土) 午前11時から午後4時

令和元年10月6日(日) 午前10時30分から午後3時30分

アートインナガハマ2019と同時開催!

会場

えきまちテラス長浜

イベント内容

事前申し込みが必要なイベント

アートアンブレラ ~オリジナルの傘をつくろう~

 JRの忘れ物傘に絵を描いて自分だけのオリジナルの傘を作ろう。(所要時間45分程度)

 マジックで自由に絵を描いていただけるので小さなお子さまにもご参加いただけます。

 東京藝術大学美術学部の学生の傘へのライブペインティングも見ることができます!

 おかげ様で1、6、8は定員に達しましたので、その他の時間でご応募ください。

 

アートアンブレラの日程
 開催日時間定員

10月5日(土)

1.午前11時(満員) 2.昼の12時 3.午後1時 4.午後2時 5.午後3時各回20名

10月6日(日)

6.午前10時30分(満員) 7.午後0時30分 8.午後1時30分(満員) 9.午後2時30分

各回20名

アートアンブレラの様子

伝統工芸体験 ~職人の技に触れよう~

 竹のミニマットや銀のしおり、革のキーホルダーを作る体験をとおして台東区の伝統工芸を学ぼう!(所要時間30分程度)

 台東区は、浅草寺や上野の寛永寺を始めとする寺院の門前町として栄え、その建立、維持による需要や、明暦の大火をきっかけとした江戸市域の再編をはじめ、様々な歴史的背景により多くの職人が集まり、現在にもその技が受け継がれています。

 今回は、数多くの伝統工芸職人の中から3名の職人による製作実演と体験を実施します。

 小学生以上の方にお楽しみいただけます。

 おかげ様で銀のしおり13、革のキーホルダー14、18が定員に達しましたので、その他のプログラムでご応募ください。

 

伝統工芸体験の日程
 開催日 伝統工芸名 定員
10月5日(土)

 竹のミニマット 10.午前11時 11.午前11時45分

銀のしおり 12.午後0時45分 13.午後1時30分(満員)

革のキーホルダー 14.午後2時30分(満員) 15.午後3時15分

 各回5名
10月6日(日)銀のしおり 16.午前10時30分 17.午前11時15分

革のキーホルダー 18.午後0時15分(満員) 19.午後1時

竹のミニマット 20.午後2時 21.午後2時45分

各回5名

竹のミニマット

講師:田中耕太朗氏
(江戸すだれ職人)

銀のしおり

講師:上川善嗣氏
(東京銀器職人)

革のキーホルダー

講師:藤井直行氏
(袋物職人)

東叡山 寛永寺執事による講演会とトークセッション ~台東区と長浜市の不思議なご縁を知ろう~

 東叡山寛永寺の宮部執事による講演会と長浜市川道町の東雲寺吉田住職を交えたトークセッションで台東区と長浜市のつながりなどについてお話いただきます。

 上野の寛永寺という寺号や不忍池と滋賀県の意外な共通点とは?

 寛永寺の建立から400年近くが経過した現代にて、台東区と長浜市を結んだ不思議なご縁を感じてください。

寛永寺執事による講演会とトークセッションの日程
 開催日 時間 定員
 10月5日(土)

22.午後1時から午後2時

 第1部 午後1時から午後1時30分 講演会

 第2部 午後1時30分から午後2時 トークセッション

 50名

寛永寺

宮部執事

十六代川柳による講演会とワークショップ ~川柳のたしなみを知りよんでみよう~

 十六代目 櫻木庵 尾藤川柳氏による講演会とワークショップで川柳の楽しみを知っていただけます。

 様々なテーマでよまれ、親しまれている「川柳」が人名だとご存知ですか?

 川柳は台東区の地でおよそ260年前に誕生しました。初代である柄井(からい)川柳の没後は、優れた川柳家が継承し尾藤川柳氏が十六代目。

 川柳のたしなみを講演で聞き、実際によんでみることで長い歴史を有しながらも親しみのもてる川柳を楽しんでください。

※こちらのイベントに参加希望される方は、申し込みの際に長浜に関する川柳をひとつかいてください。

十六代川柳による講演会とワークショップの日程
 開催日 時間 定員
 10月6日(日)

 23.午後1時30分から午後3時30分

 第1部 午後1時30分から午後2時30分 講演会

 第2部 午後2時30分から午後3時30分 ワークショップ

 50名

十六代目 櫻木庵 尾藤川柳氏

事前申し込みが不要なイベント

林家三平師匠もやってくる!

 様々なメディアでご活躍中の林家三平師匠が落語を披露してくださいます!

 林家三平師匠は「昭和の爆笑王」初代林家三平の次男、祖父は七代目林家正蔵。

 平成21年3月より二代目林家三平を襲名されています。

林家三平氏

 その他にも日本古来の手品である「和妻(わづま)」の披露・ワークショップや和楽器アンサンブル、雷おこし製造実演や若手芸人によるお笑いライブにスペシャルゲストの登場など、多種多様なイベントが盛りだくさんとなっています。

 詳細は上にあるチラシをご覧ください。

事前申し込み方法

受付期間

令和元年10月4日(金)まで

申し込み方法

メールの表題を、『お江戸「上野・浅草」まつり参加申込み』として、必要事項を入力の上、長浜市総合政策課へお送りください。

定員に達した場合は、先着順とします。(いくつか候補をいただけると幸いです)

メールアドレス

必要事項

氏名、フリガナ、参加希望人数、電話番号、申し込むイベント番号(1~23)

※23の川柳講演会・ワークショップを申し込みの方は、長浜に関する川柳をひとつかいてください。

お問い合わせ

イベントの申し込みについて
長浜市役所 総合政策部 総合政策課
電話: 0749-65-6505 ファックス: 0749-65-4006
イベントの内容について
台東区役所 文化産業観光部 文化振興課
電話: 03-5246-1153 ファックス: 03-5246-1515

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


東京都台東区の『お江戸「上野・浅草」まつり』への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.