ページの先頭です

明治時代の鉄道遺産が日本遺産に認定されたことへの市長コメント

[2020年6月19日]

ID:8770

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

明治時代の鉄道遺産が日本遺産に認定されたことへの市長コメント

 このたび、長浜市・敦賀市・南越前町の鉄道遺産が日本遺産に認定されましたこと、大変名誉なことであり、うれしく思います。

 今回の認定は、明治時代の鉄道遺産が観光施設や生活道路として今も活かされている「現役の遺産」であることを高く評価いただいたものと考えております。これら貴重な鉄道遺産を、これまで大切に守り受け継がれてきました関係者の皆様に深く感謝と敬意を表します。

 これまで、長浜市の日本遺産登録は、平成28年に「琵琶湖とその水辺景観」として竹生島と菅浦、令和元年には「西国三十三所観音巡礼」として竹生島宝厳寺が認定されました。そして今回「鉄道遺産」として旧長浜駅舎などが認定され、まさに「日本遺産のまち」となりました。

 今後は、鉄道遺産を核に敦賀市・南越前町と連携をとり、日本遺産ブランドを活かした、更なる情報発信や魅力アップを広域的・国際的に取り組んでまいります。

                                     令和2年6月19日 長浜市長 藤井 勇治

お問い合わせ

長浜市役所産業観光部観光振興課

電話: 0749-65-6521

ファックス: 0749-64-0396

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

産業観光部観光振興課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


明治時代の鉄道遺産が日本遺産に認定されたことへの市長コメントへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.