ページの先頭です

COPD(慢性閉塞性肺疾患)啓発事業の実施

[2020年10月15日]

ID:9285

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の認知度の向上と健康増進を目的として、国民健康保険被保険者を対象に下記のとおり啓発事業を実施します。

COPDとは?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、たばこなどの有害物質を吸い込むことで起こる肺の病気です。気道の炎症により空気がうまく通らず、息切れや咳、痰が頻繁に出て呼吸が苦しくなります。治療しないまま放置することで症状が悪化し、全身に影響を及ぼします。


啓発の対象者

40歳以上の国民健康保険被保険者のうち、次のどちらかに当てはまる方

・過去にCOPDの治療歴があり、令和2年7月時点で過去6か月間にCOPDの治療歴がない方

・COPDの治療歴がなく、前年度の特定健診の問診票で喫煙習慣があると回答された方


啓発の方法

10月中旬に啓発はがきを送付します。

その後、意識変容の有無を確認するため、アンケートを送付します。


官民連携事業としての実施

長浜市はCOPDの積極的な診断や適切な治療を促すために、株式会社キャンサースキャンおよびアストラゼネカ株式会社とCOPD啓発の連携・協力における3者協定を令和2年10月に締結しました。今回の啓発事業は2社の協力のもと実施します。


お問い合わせ

長浜市役所市民生活部保険医療課

電話: 0749-65-6512

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


COPD(慢性閉塞性肺疾患)啓発事業の実施への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.