ページの先頭です

食中毒の注意喚起

[2021年6月22日]

ID:10122

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食中毒が増える季節になりました

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく、湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖します。

食中毒を防ぐ3原則に気をつけて、食中毒を予防しましょう。

食中毒を防ぐ3原則

食べ物に「付けない」

手にはさまざまな雑菌が付着しています。食中毒の原因菌やウイルスを食べ物に付着させないよう、手洗いをこまめに行いましょう。

また、調理した時のまな板などの器具から、加熱しないで食べる野菜などへ菌が付着しないよう、使用の都度きれいに洗うよう心掛けましょう。

食べ物に付着した細菌を「増やさない」

細菌の多くは高温多湿な環境で増殖が活発になりますが、10℃以下では増殖がゆっくりとなり、マイナス15℃以下では増殖が停止します。肉や魚などの生鮮食品やお惣菜などは、購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れるなど、低温での保存が効果的です。

なお、冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくり増殖しますので、冷蔵庫を過信せず早めに食べることが大事です。

食べ物や調理器具に付着した細菌を「やっつける」

ほとんどの細菌やウイルスは、加熱によって死滅します。肉や魚はもちろん、野菜なども加熱して食べることで予防することができます。特に肉料理は、中心部を75℃で1分以上加熱することが目安です。

また、ふきんやまな板、包丁などの調理器具にも細菌やウイルスが付着しますので、洗剤でよく洗ってから、熱湯での殺菌、台所用殺菌剤の使用すると効果的です。

食中毒厚生労働省ホームページ(別ウインドウで開く)

お問い合わせ

長浜市健康福祉部健康推進課

電話: 0749-65-7759

ファックス: 0749-65-1711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


食中毒の注意喚起への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.