開催趣旨
 大永5年(1525)から天正元年(1573)、約50年間にわたり北近江を支配した戦国大名浅井三代(亮政・久政・長政)は、全国的にみれば極めて小さな戦国大名である。しかし畿内から東海・北陸・東国へ向う要衝に位置したため、一躍歴史の表舞台に躍り出たのである。 また、三代目の長政は、織田信長の妹・お市を妻としながら、信長に立ち向かい敗れた悲劇の武将である。しかし、その娘である三姉妹(茶々・初・江)は、それぞれ波瀾万丈の生涯をおくり、安土桃山時代から江戸時代の政治史に大きな役割を果たした。
 今回の展覧会では、浅井三代とその居城であった小谷城に焦点を据え、企画展を開催する。この展示によって、浅井三代の歴史と資料、小谷城の姿を広く紹介し、その歴史に果たした役割を再確認して頂ければ幸いである。また小谷城跡や城下町の出土資料も公開する。

□ 主催 長浜市長浜城歴史博物館
□ 会期

平成22年10月13日(水曜日)から11月14日(日曜日)

□ 会場 長浜市長浜城歴史博物館3階展示室
□ 開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
□ 入館券 個人一般  400円   小・中学生 200円
  団体一般  320円   小・中学生 160円
※団体は20名以上
※長浜市・米原市の小・中学生は無料
 展示詳細はこちら
※新しいウィンドウで開きます。
 
(C)2002 Nagahama Castle Historical Museum. All rights reserved.
〒526-0065 滋賀県長浜市公園町10-10
TEL:0749-63-4611 / FAX:0749-63-4613
rekihaku@city.nagahama.lg.jp