ページの先頭です
FAQ

特定疾病療養受療者証とは

[2017年3月27日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 

回答

長期にわたり高額な医療費が必要な疾病で、厚生労働大臣が指定する特定疾病(高額長期疾病)については、医師の意見書を添えて、申請して交付される特定疾病療養受療証を医療機関の窓口に提出すれば、特定疾病にかかる医療費の自己負担限度額(月額)が10,000円までとなります。

なお、75歳に誕生日を迎えて月の途中(月の初日を除く)に後期高齢者医療制度の被保険者になられる場合は、特例として75歳誕生月の特定疾病にかかる医療費の自己負担限度額(月額)は5,000円までとなります。

  • 特定疾病(高額長期疾病)
    ・人工腎臓を実施している慢性腎不全
    ・血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固因子障害の一部(いわゆる血友病)
    ・抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群(HIV感染を含み、厚生労働大臣の定める者に限る)

お問い合わせ

長浜市役所市民生活部保険医療課

電話: 0749-65-6512

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、直接担当部署へお願いいたします(こちらではお受けできません)。


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.