ページの先頭です

給食ができるまで

[2017年6月6日]

ID:2797

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

給食ができるまで


みんなの給食が作られている給食センターの様子を紹介します。


①食材の検収




検収というのは、お店の人が運んできてくれた給食の材料を給食センターで受け取ることです。
悪い商品がないか、注文したものがきちんと届いているかを確認します。




②野菜の皮むき

皮むき機ににんじんを入れる様子
皮むき機の中

これは「ピーラー」といって、たまねぎやじゃがいも、にんじんなどの皮をむく機械です。

中がザラザラで、水を入れながらスイッチを入れて回すと、皮がむかれて出てくる仕組みになっています。



③野菜の下処理

玉ねぎを洗浄


皮をむいた野菜や、根っこをとった野菜を水で洗います。

野菜に付いた土や泥、虫などがしっかり洗ってとれるように、3つの水槽で繰り返し洗っています。

白菜洗浄

④材料を切る

野菜の切断



スライサーという機械をつかって材料を切ります。

何種類かの刃を使い分けて、細切りや、サイコロ切りなど料理に合った切り方をしています。

とうふや厚揚げはひとつひとつ包丁で切ります。




⑤汁ものづくり

釜で汁ものづくり




1釜で約1000人分の給食をつくることができる蒸気回転釜で、汁ものや煮もの、炒めものをつくります。

「スパテラ」という大きなしゃもじで混ぜます。


⑥汁ものの配缶

汁ものの配缶



各クラスの食缶へくみ入れます。

ひしゃく1杯約10人分です。

汁と具材の割合が同じになるように気をつけて配缶します。

⑦ごはんづくり

ごはんの釜

ごはんは、四角い釜に洗った米と水を入れ、ガス火で約20分炊きます。そして約30分蒸らして配缶します。

使用するお米は、すべて長浜で栽培された「コシヒカリ」です。

ごはん配缶

⑧焼き物づくり

スチームコンベクションオーブン

これは、スチームコンベクションオーブンです。

このオーブンでは、肉や魚、卵焼きをふっくらと焼いたり、しゅうまいなどの蒸し料理ができます。

魚
魚が焼けました

⑨揚げ物づくり

コロッケ投入

揚げ物は、連続フライヤーという機械をつかって調理します。
入口から食品を入れると、自動的に進んで行き、揚げられて出てくる仕組みになっています。あげパンもこの機械で揚げてつくっています。

コロッケ数え

⑩和え物づくり

和え物づくり



サラダ室ではゆがいた野菜を真空冷却機をつかって冷やし、ドレッシングなどであえてサラダをつくります。

冷たいまま教室へ届くように、保冷剤を乗せるなどの工夫をしています。

⑪各学校、園への配送

コンテナへ

給食は、学校・園ごとにコンテナーに積み込み、専用のトラックで届けます。

トラックへの積み込み

お問い合わせ

長浜市役所教育委員会事務局学校給食室

電話: 0749-63-5818

ファックス: 0749-64-0549

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

組織内ジャンル

教育委員会事務局学校給食室

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.