ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    休日・夜間の救急受診について(お願い)

    • [公開日:2013年2月22日]
    • [更新日:2023年8月15日]
    • ID:1731

    休日・夜間に救急受診されるみなさまへ

    救急病院は、本来救急患者のためのものであり、休日や夜間などに発症した病気やケガ、または急激に病気の症状が悪化した場合などにご利用いただくものです。救急病院の医師等の確保も非常に困難になっており、生命の危険がある患者が適切に治療を受けられるよう、ご協力をお願いします。

    また、救急診療は、通常の診療とは異なり、あくまで応急的な医療行為に限られます。なるべく、通常診療時間帯に受診し、早期治療を心がけるとともに、家族の健康状態について、いつでも相談できる「かかりつけ医」「かかりつけ歯科医」「かかりつけ薬局」を持たれることをおすすめします。

    日曜・祝日・年末年始(12月30日から1月3日)の内科・小児科の初期救急診療(軽症な患者様)につきましては、長浜米原休日急患診療所別ウィンドウで開くをご利用ください。

    急な病気やケガでお困りのときは

    小児救急電話相談

    休日夜間、お子さまのケガや急病で、病院に行った方がよいか判断に迷ったとき、小児科医師がアドバイスします。

    • 短縮ダイヤル:#8000
    • 電話:077-524-7856

    相談日時

    • 【平日、土曜日】18時から翌朝8時
    • 【日曜日、祝祝日、年末年始(12月29日から1月3日)】9時から翌朝8時

    対象者

    • 県内にお住まいの15歳以下のお子さんとその家族など

    滋賀県救急医療情報ネット-滋賀県広域災害・救急医療情報システム-

    「かかりつけ医」をもちましょう

    「かかりつけ医」は、身近にいて、日ごろから家族全体の健康と病気について、適切な指示をしてくれる診療所(開業医)のお医者さんのことです。例えば、子どもの体質などを把握していて、病気や薬だけでなく、予防接種や育児についても相談できます。また、そのかかりつけ医師の専門外の病気や高度医療が必要な場合には、適切な病院やお医者さんを必要な情報を添えて紹介していただけます。

    「かかりつけ医」を持つことは、私たちの生活に大きな安心を手に入れることになります。何度か診察を受け、何でも話し合える関係をつくり、ご自分やご家族にうまく合う「かかりつけ医」を持つことをおすすめします。