ページの先頭です

クレジットカード等による市税・保険料等の納付

[2020年12月26日]

ID:9435

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

クレジットカード等で市税・保険料等の納付が可能となります

 令和3年1月4日(月曜日)から、これまでの納付方法に加え、「モバイルレジ(クレジットカード払い・インターネットバンキング払い)」および「PayPay(ペイペイ)」による納付が可能となります。カメラ機能付きのスマートフォンと専用アプリケーションを利用し、24時間いつでもどこでも納付することができます。

利用開始日

令和3年1月4日(月曜日)

対象税目・料金

  • 市県民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税(償却資産含む)、軽自動車税(種別割)
  • 国民健康保険料(普通徴収)
  • 介護保険料(普通徴収)
  • 後期高齢者医療保険料(普通徴収)
  • 保育所保育料
  • 放課後児童クラブ保護者負担金
  • 墓地年間管理料
  • 公共下水道受益者負担金

納付手続きに必要なもの

  • インターネット通信可能なカメラ付きスマートフォン
  • 各社決済アプリ(モバイルレジ、PayPay)
  • バーコードが印字された納付書



「モバイルレジ」とは

 スマートフォンと専用アプリケーション「モバイルレジ」を利用して、市税・保険料等を納付できます。納付方法は、「クレジットカード」と「インターネットバンキング」から選択することができます。

 詳細については、株式会社NTTデータの「モバイルレジ」ホームページ(http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/)をご覧ください。


モバイルレジの利用方法

1.初回のみスマートフォン用の「モバイルレジ」アプリ(無料)をダウンロードします(パケット通信料がかかります)。

2.アプリを起動して納付書のバーコードを撮影します。

3.お支払い内容を確認します。

4.お支払方法を選択します。(クレジットカードorインターネットバンキング)

 ※ご利用可能なクレジットカード JCB/AmericanExpress/DinersClub/VISA/Mastercard

5.クレジットカードの場合は、クレジットカード情報を入力します。インターネットバンキングの場合は、インターネットバンキングにログインし支払い手続きを行います。【納付完了】

  詳細については、下記の株式会社NTTデータの「モバイルレジ」ホームページをご覧ください。

    〇初めてご利用される方へ https://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/download.html

    〇お支払方法について    https://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/how-to-use.html


モバイルレジをご利用の際の注意点

1 バーコードが付いていない納付書はご利用いただけません。

2 モバイルレジで納付した場合、領収証書は発行されません。納付の確認は、クレジットカード会社が発行する利用明細書、インターネットバンキングの取引明細書などによりお願いします。領収証書が必要な方は、金融機関、コンビニエンスストア、市役所本庁舎・北部振興局・各支所の窓口でお支払いください。

3 納付後すぐに納税(付)証明書や完納証明書が必要な方は、モバイルレジを利用しないでください。モバイルレジを利用した場合、納税(付)証明書の発行に必要な納付確認に最長1ヶ月程度要することがあるため、納付後すぐに証明書を発行することができません。

4 一度納付が完了した決済は、一切取消しができません。

5 モバイルレジは、継続的にクレジットカードやインターネットバンキングから引き落としになるものではないため、納付書ごとに手続きが必要となります。

6 モバイルレジで一度支払い済の納付書については,誤って金融機関やコンビニエンスストア窓口等で納付しないようご注意ください(二重払いにご注意ください)。

7 現在口座振替をご利用の場合、モバイルレジで取扱い可能なバーコード付きの納付書を発行するために口座振替を解約する必要があります。口座振替を解約を希望される場合は、市役所市税・料金の担当課までご連絡ください。 

8 インターネットの使用料・通信費については、納付者本人の負担となります。

9 クレジットカードで支払う場合は、納付金額に応じて下表の決済手数料がかかります(本人負担)。なお、決済手数料は返金されません。※決済手数料は納付者がクレジット会社に対して支払うものです。  

クレジットカード納付に係る決済手数料
納付金額(1回あたり) 

決済手数料(消費税等を除く) 

1円~ 5,000円25円
5,001円~10,000円75円
10,001円~20,000円150円
20,001円~30,000円250円
30,001円~40,000円350円
40,001円~50,000円450円
 以降10,000円ごとに100円加算 


10 スマートフォン・タブレット端末の機種によりご利用できない場合があります。利用可能な機種については、株式会社NTTデータのホームぺージ(http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/mobile.html)でご確認ください。

11 金融機関によりモバイルレジが利用できない場合があります。利用可能な金融機関については、株式会社NTTデータのホームページ(http://solution.cafis.jp/bc-pay/pc/finantial.html)でご確認ください。また、事前にご利用いただく金融機関にインターネットバンキングの利用申込が必要です。インターネットバンキングの利用申込方法については、各金融機関でご確認ください。



「PayPay(ペイペイ)」とは

 スマートフォンと専用アプリケーション「PayPay」を利用して、市税・保険料等を納付できます。PayPay(ペイペイ)アプリを起動し、納付書に印字されたバーコードを読み込むことで、あらかじめチャージされたPayPay残高からお支払いができるサービスです。


PayPayの利用方法

1.初回のみスマートフォン用の「PayPay(ペイペイ)」アプリ(無料)をダウンロードします。

2.「PayPay」の利用登録を行います。

3.アプリ内のホーム画面にある「スキャン」ボタンを押します。

4.納付書のバーコードを読み込みます。

5.支払金額を確認し、「支払う」ボタンを押します。【納付完了】

 詳細については、PayPay株式会社のホームページ(https://paypay.ne.jp/event/bill-payment/)をご覧ください。


PayPayをご利用の際の注意点

1 バーコードが付いていない納付書はご利用いただけません。

2 納付金額は、事前にチャージされた残高で支払いを行います。

3 一度納付が完了した決済は、一切取消しができません。

4 PayPayで一度支払い済の納付書については,誤って金融機関やコンビニエンスストア窓口等で納付しないようご注意ください(二重払いにご注意ください)。

5 納付手数料はかかりませんが、インターネットの使用料・通信費については、納付者本人の負担となります。

7   PayPayで納付した場合、領収証書は発行されません。納付の確認は、アプリ内の取引履歴によりお願いします。領収証書が必要な方は、金融機関、コンビニエンスストア、市役所本庁舎・北部振興局・各支所の窓口でお支払いください。

8 納付後すぐに納税(付)証明書や完納証明書が必要な場合は、PayPayを利用しないでください。PayPayを利用した場合、納税(付)証明書の発行に必要な納付確認に3週間程度要することがあるため、納付後すぐに証明書を発行することができません。



お問い合わせ

長浜市役所市民生活部税務課

電話: 0749-65-6508

ファックス: 0749-65-6013

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


クレジットカード等による市税・保険料等の納付への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.