ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    ながはま・ファミリー・サポート・センターとは

    • [公開日:2022年3月18日]
    • [更新日:2022年3月18日]
    • ID:4065

    1.ながはま・ファミリー・サポート・センターとは

    ファミリー・サポート・センターは、子育て等の援助を受けたい人『おねがい会員』と、子育て等の援助を行いたい人『まかせて会員』が会員となり、地域においてお互いに助けたり、助けられたりして、子育てをとおして地域に『子育ての安心』と『人と人との温かな関係』を育てていく活動です。(相互援助)

    2.ファミリー・サポート・センターで行う援助とは

    • 保育施設等の開始前・終了後に、子どもを預かります。
    • 保育施設等への送迎を行います。
    • 学校の放課後や放課後児童クラブ終了後に、子どもを預かります。
    • 保護者の休養や臨時的就労の場合に、子どもを預かります。
    • 子どもが病気の予後などで、登園または登校できない場合に預かります。
    • 学校の参観や習い事・通院などの短時間、子どもを預かります。

    このほかにも、センターの認める範囲で援助を行いますので、お気軽にご相談ください。

    ※あくまでも一時的、補助的なもので、保育施設などで対応できない部分をサポートするものです。既存の保育サービスのような長時間、継続的な保育ではありません。

    注意

    • 子どもを預かる場合は、原則としてまかせて会員の自宅ですが、子どもが病気の予後などでやむをえない場合などは、おねがい会員の自宅で保育することもあります。
    • 宿泊や家事を伴う援助活動は行いません。

    3.たとえば、こんなとき

    • 仕事と子育てを両立したい!
      「残業でお迎えの時間に間に合わないので、迎えに行ってほしい。」
      「保育園や学校が休みだけど、仕事は休めない。」
      「ハローワークに行って仕事を探したいけれど、小さな子は連れて行けない。」
    • 出産・通院・行事など                                                                               「二人目の出産。上の子の送り迎えを、お父さんが毎日はできない。」
      「自分が病気になったり、通院しないといけないとき。」
      「親戚のお葬式。お手伝いに行きたい。」
      「上の子の授業参観。たまには、ゆっくり見てあげたい。」
    • 自分の時間がほしい!
      「講習や講演会に参加したい。」
    • その他、困ったとき
      「いつもは、おばあちゃんが預かってくれるけれど、その日は予定がある。」

    そんな、ちょっと助けてほしいときに応援します。                                                     あなたの子育て、みんなで子育てしましょう。