ページの先頭です

第7期ゴールドプランながはま21(高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)

[2018年4月2日]

ID:1806

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

「ゴールドプランながはま21(第7期)」を策定しました。

高齢者保健福祉・介護事業を推進するための新たな指針となる「(第7期)ゴールドプランながはま21(長浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)」を策定しました。

1.計画の背景・目的・期間

超高齢社会の到来を見据えて平成12年(2000年)にスタートした介護保険制度は、17年の経過をたどってきました。この間に、高齢者数(第1号被保険者数)は 2,165万人(平成12年4月末)から3,445万人(平成29年4月末)と1.6倍に、要介護認定者数は218万人から633万人と2.9倍に増加しています。同時に、サービスの基盤整備に伴いサービス利用が増加し、総費用額は3兆6,000億円(平成12年度)から平成27年度には9兆8,000億円となり、2.7倍となりました。また、保険料も第1期の2,911円から第6期(平成27年度から29年度)の5,514円と2倍になっています。

さらに、75歳以上の高齢者(後期高齢者)は、平成12年当時、約900万人でしたが、いわゆる「団塊の世代」(昭和22年から24年生まれの人)が後期高齢者となる平成37年(2025年)には、2,000万人となる見込みで、特に都市部を中心に後期高齢者数が急増するとともに、ひとり暮らしや夫婦のみの高齢者世帯、認知症のある高齢者が増加することが予測されます。このため、平成37年には総費用額が20兆円に達すると推計されています。

また、介護人材については、介護保険制度創設時の約55万人から増加し続けており、平成27年度には約183万人と、3倍以上に増加しています。平成37年度における需要見込は253万人、供給見込は215万2千人と推計されており、約38万人の需給ギャップが生じるとされており、介護サービスの需要に対する介護人材の不足が最も顕著になると見られます。

このような状況を踏まえ、本市が目指す「地域包括ケアシステム」をはじめ、今後の高齢者保健・福祉・介護施策の方向性を明らかにし、これらの実現に向け市民・地域と行政が協働し、事業を円滑に実施していくための指針とするもので、平成27年3月に策定した計画(第6期計画)を見直し、「第7期ゴールドプランながはま21」としてまとめたものです。

2.計画の基本理念

市民一人ひとりの地域福祉活動や支え合いの行動の実践から、地域の絆の深まりとともに、これまで培われてきた協働の力を活性化させ、さらに市全体へと広がり、あたたかな支え合いのあるまちとなることを目指し、「みんなで支え合い いきいきと暮らせる あたたかな長寿福祉のまち」を基本理念に定めます。

3.計画の基本目標と主な取組

基本理念の実現に向け、次の5つの基本目標と8つの施策を定めました。これらに基づき、総合的・計画的に取組を進めていきます。

基本目標

  1. 高齢者の尊厳が保持される社会づくりの推進
  2. 高齢者の積極的な社会参加と地域福祉の推進
  3. 高齢者の自立を支援するサービスの推進
  4. 地域の多様な主体による高齢者の健康づくりと介護予防の推進
  5. 身近な地域で、利用しやすく、質の高い介護サービスの推進

施策の方向

  1. 地域福祉の推進
     
    地域のネットワークの推進、地域福祉活動の担い手育成、福祉意識の醸成、地域共生社会の構築
  2. 社会参加の促進
     
    生きがいづくりの推進、就労促進、高齢者福祉センター等のあり方
  3. 地域包括ケアシステムの深化・推進
     
    生活支援体制整備事業の充実、地域ケア会議の推進、在宅医療・介護連携の推進、地域包括支援センター等の充実、権利擁護・成年後見制度の利用促進、高齢者の虐待防止と対応、誰もが住みよいまちづくりの推進
  4. 健康づくり・介護予防の推進
     
    健康づくりの推進、健康づくり・介護予防の取組への支援
  5. 介護予防・日常生活支援総合事業の推進
     
    一般介護予防事業の推進、介護予防・生活支援サービス事業、自立支援・介護予防・重度化防止の推進、在宅福祉サービスとその他の支援等
  6. 介護・福祉人材の確保・定着・育成
     
    介護・福祉人材確保に向けた支援(すそ野を拡げる)、介護・福祉人材定着に向けた支援(定着促進を図る)、介護福祉人材育成に向けた支援(質を向上する)
  7. 認知症施策の推進(長浜市オレンジプラン)
     
    認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進、認知症の容態に応じた適時・適切な医療と介護の提供、若年性認知症対策の推進、認知症のある人の介護者への支援、認知症のある人を含む高齢者にやさしい地域づくりの推進、認知症のある人やその家族の視点の重視
  8. 介護サービスの推進
     
    介護サービスの推計、各サービスの見込、介護保険の運営体制、利用者負担等、介護保険料の設定

「ゴールドプランながはま21」をダウンロードすることができます。

※接続環境等によりダウンロードに時間がかかる場合があります。あらかじめファイルサイズをお確かめください。

  1. 計画書
  2. 計画書概要版
  3. 調査報告書
    (1)高齢者実態調査・在宅介護実態調査
    (2)在宅医療・介護に関する調査
    (3)認知症の人とその家族を支える地域づくり調査
第7期ゴールドプランながはま21 表紙

お問い合わせ

長浜市役所健康福祉部高齢福祉介護課

電話: 0749-65-7789

ファックス: 0749-64-1437

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


第7期ゴールドプランながはま21(高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.