ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    公共建築物長浜市産材利用促進基本方針

    • [公開日:2013年2月26日]
    • [更新日:2019年5月16日]
    • ID:1230

    公共建築物長浜市産材利用促進基本方針の策定

    長浜市では、市内森林の人工林資源の利用促進と市が整備する公共建築物の木造化ならびに木質化を推進していくために、公共建築物等木材利用促進法第9条に定める市町村方針として、「公共建築物長浜市産材利用促進基本方針」を策定しました。

    公共建築物長浜市産材利用促進基本方針の概要

    木材利用の目標

    滋賀県が策定する琵琶湖森林づくり基本計画の基本指標である「平成32年度の滋賀県産木材の素材生産量12万立方メートル」の目標に沿い、長浜市においては、「平成32年度の長浜市産材の素材生産量(原木生産量)2万立方メートル」を目標とし、公共建築物の整備等において木材の利用を図ります。

    木材利用促進の基本的方向

    長浜市産材によって木材の利用を促進していくにあたり、供給や需要の各段階において各課題への取り組みとともに、木材の安定供給に向けた具体的な対策等について滋賀県ならびに関係機関と連携し、目標の実現に努めます。

    木材利用促進のための体制

    公共建築物等における長浜市産材の安定的な供給と需要の拡大を図り、木材利用の促進がより円滑に進むよう体制の整備を図るため、「長浜市産材活用検討会」を設置します。

    「長浜市産材活用検討会」は、市が行う公共建築物における木材利用の庁内関係課で構成し、年度毎の公共建築物における材料調達、発注方式の検討と長浜市産材の活用実績の把握及びその効果、検証を行います。

    公共建築物長浜市産材利用促進基本方針

    資料をpdfファイルでお届けします。

    お問い合わせ先

     長浜市森林田園整備課(市役所2階) 電話:0749-65-6526