ページの先頭です

交通事故等が原因で介護保険を受けるときの手続き

[2019年7月12日]

ID:6742

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 交通事故等が原因で介護保険のサービスを受けるときは、高齢福祉介護課への届出が必要です。

 交通事故等が原因(過失割合が少しでもあれば該当します。)で要介護状態になったり、要介護度が重度化し、被害者(被保険者)が介護保険を受けることになった場合、その費用は、加害者である第三者が負担すべきと考えられます。

 介護保険では、第三者の行為が原因により行った保険給付額を限度として、保険者が損害賠償の請求権を取得するとされています。

 このように、第三者が起こした行為が原因で、保険者が受けた損害を補てんするための求償行為を「第三者行為による求償」といいます。

 第三者行為による求償事務は、被保険者(被害者)が書類を長浜市に提出することによりはじまりますので、交通事故等が原因で介護保険給付を受けることになった場合、すみやかにご提出をお願いします。

※労災保険等による保険給付がなされるべき場合には、対象になりません。

 

手続に必要な書類

・第三者行為による傷病届 (必須)

・交通事故証明書(写しでも可)

(交通事故の場合は必須。申請書は警察署等にあります。)

・事故発生状況報告書(必須)

・同意書(被害者側)(必須)

・誓約書(加害者側)


提出場所

長浜市役所1階 高齢福祉介護課 介護保険グループ

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.