ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    民間建築物アスベスト含有調査補助金制度(令和4年度の受付は終了しました)

    • [公開日:2022年9月1日]
    • [更新日:2022年9月1日]
    • ID:2249

    目的

    この制度は、市内の既存民間建築物に施工されている吹付け建材のアスベスト含有分析調査の費用を助成し、アスベストを含有する民間建築物の把握とその除去を促進し、市民の生活環境の保全を図ることを目的としています。

    制度を利用できる条件

    対象建築物

    • 吹付け建材が施工されていることが確認され、アスベスト含有の恐れのあるもの
    • 当面解体(除去)、増築、改築する予定のないもの
    • 確認済証の交付を受けて建築されたもの
    • アスベスト含有調査に関して、他の国庫補助金等を受けていないもの

    補助対象者

    • 対象建築物の所有者または管理者若しくは組合の代表者
    • 市税を完納している方
    • 補助金の交付決定後に吹付け建材のアスベスト含有分析調査(6種)を行い、補助事業実績報告書等を提出することができる方

    その他

    • 「建築物石綿含有建材調査者」により行われる調査が対象です。
    • 定性分析(アスベスト含有の有無)の結果がアスベスト有の判定の場合、定量分析(アスベスト含有量調査)を行うこと。(当初申請は、定性分析・定量分析の両方を実施する計画で提出してください。)
    • 事業予算内での補助となりますので、予算額に達し次第、受付終了となりますので予めご了承ください。

    補助金の交付額

    アスベスト含有分析調査のため、分析機関に支払う経費(消費税除く)。

    上限は8万5千円です。

    パンフレット等

    添付ファイル

    申請書類等

    添付ファイル

    お申込み期間

    令和4年6月1日(水曜日)から8月31日(水曜日)まで

    令和4年度の受付は終了しました。