ページの先頭です

自転車安全利用五則

[2016年5月17日]

ID:2076

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自転車に乗る時は「5つのルール」を守りましょう

自転車に安全に乗るために、守ってもらいたい5つのルール、「自転車安全利用五則」があります。

次の5つを守り、交通事故に遭わないように心掛けましょう。

自転車安全利用五則について

自転車安全利用五則(1.自転車は、車道が原則、歩道は例外 2.車道は左側を通行 3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行 4.安全ルールを守る 5.子どもはヘルメットを着用)のチラシ

自転車での加害事故事例

自転車を運転していて交通事故を起こし、相手に怪我を負わせたりすれば、刑事責任や民事責任といった社会的責任を問われることになります。

自分や他人を不幸にする交通事故の当事者にならないためにも、自転車に乗るときは「車両の運転者」であるという自覚と責任を持ち、交通ルールを守って安全運転を心掛けましょう。

運転中の携帯電話使用(損害賠償 5000万円)
傘さし運転(損害賠償 211万円)
乱暴運転(損害賠償 3138万円)

交通事故への備え

自転車事故による高額賠償の事例から、自転車用の任意保険が増えています。安全運転を心掛けることも大切ですが、任意保険への加入やTSマークの取得等、万が一に備えての準備を整えておきましょう。

青色TSマークと赤色TSマークの概要の図

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.