ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    熱中症への注意喚起

    • [公開日:2022年6月28日]
    • [更新日:2022年6月28日]
    • ID:4952

    熱中症の予防法

    熱中症とは、暑い環境にいることによって、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態のことをいいます。

    これから気温が上昇し、厳しい暑さが続くことが予測されます。

    高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので特に注意が必要です。

    適切な予防方法を知り、熱中症を防ぎましょう。また、日頃から食事や休息をしっかり取り、体づくりをしておきましょう。

    • こまめに水分を補給する。
    • 暑いときには無理をしない。
    • 日傘や帽子を活用する。
    • 涼しい服装をする。
    • こまめに休息をする。
    • 日陰を利用する。
    • 室内でも温湿度を測る。
    • 扇風機やエアコン等で温度を調節する。
    • 体調の悪いときは特に注意する。

    作業時の注意事項

    1. 体調の悪い日は作業を行わないようにする。
    2. 日陰を確保して一定時間ごとに必ず休息を取る。
    3. できるだけ2人以上でお互いの体調を確認しながら作業を行う。

    熱中症予防のため、マスクは場面に応じてはずしましょう

    マスクが不要な場面

    ・屋外において他の方と十分な距離が取れる時

    ・外出時に屋外ですれ違う程度

    ・屋内において2メートル程度の距離があり、会話がない時

    ・運動時(屋内外)

    ・未就園児(屋内外)

                (滋賀県 COVID-19対策におけるマスク着用の考え方より)

     

    厚生労働省:熱中症予防×コロナ感染防止

    マスク着用の考え方

    熱中症警戒アラートについて

     熱中症の危険が極めて高くなると予想される日に「熱中症警戒アラート」が発令されます。

    こまめにテレビや環境庁の熱中症警戒アラート情報別ウィンドウで開くなどで熱中症に関する情報を確認してください。


    熱中症の症状

    1度(軽症)  :めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない

    2度(中等症):頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感

    3度(重症) :意識がない、けいれん、高い体温である、呼びかけに対し返事がおかしい

             まっすぐに歩けない、走れない

    熱中症になった時の処置

    1. 意識がある、反応が正常な時
      涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす→水分・塩分を補給する
      ※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請
    2. 意識がない、反応がおかしい時
      救急車を要請する→涼しい場所へ避難させる→衣服を脱がせ身体を冷やす
      →医療機関に搬送する

    参考資料

    お問い合わせ

    長浜市健康福祉部健康推進課

    電話: 0749-65-7759

    ファックス: 0749-65-1711

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム