ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    結婚新生活支援事業 ※今年度の受付は終了しました

    • [公開日:2022年8月3日]
    • [更新日:2022年8月3日]
    • ID:10127

    結婚新生活支援事業とは

    婚姻に伴い移住された世帯の新生活を支援するため、新居の住居費および引越し費用の一部を助成します。

    対象となる世帯

    次の条件をすべて満たす世帯

    • 令和4年3月16日から令和5年3月15日(以下「補助対象期間」という。)までの間に婚姻届を提出し、受理された世帯
    • 補助対象期間に、婚姻を機に夫婦いずれかが長浜市に住民票を移した世帯(住民票を移す過去1年以内に長浜市に住民票がないこと)
    • 申請時点において、夫婦の住民票の住所が、申請に係る住居の所在地となっている世帯
    • 婚姻時に夫婦の年齢がともに39歳以下の世帯
    • 令和3年(令和4年5月31日までに婚姻届を提出した世帯は令和2年)の夫婦の所得を合算した金額が400万円未満(世帯収入約540万円未満に相当)の世帯(貸与型奨学金の返済を行っている場合は、世帯所得から貸与型奨学金の年間返済額を控除します。申請時に無職の場合は所得を0円とします)
    • 過去に他の自治体も含め、同様の補助金を受けていない世帯
    • 他の公的制度による家賃補助等を受けていない世帯
    • 市税等の滞納のない世帯

    ※詳しくは問い合わせてください


    ※今年度は予算上限に達しましたので、受付を終了しました。

    対象となる経費

    補助対象期間に発生した下記経費

    • 新たに物件を取得した場合の経費
    • 新規の住宅賃借経費(敷金・礼金・仲介手数料、賃料・共益費1か月分)ただし、会社から住宅手当が支給されている場合は家賃補助を除く経費
    • 住宅のリフォーム費用(車庫や物置等の工事、外構工事、単なる解体または除却工事、家電製品等の購入・設置工事に係る費用を除く)
    • 引越し費用(引越し業者または運送業者へ支払った実費)

    ※すべて支払いを終えている必要があります

    補助金額

    30万円

    (婚姻時における夫婦の年齢がともに29歳以下の場合は60万円)

    申請期間

    令和4年6月1日から令和5年3月15日(予算がなくなり次第終了します)

    必要書類

    必須のもの

    • 長浜市結婚新生活支援事業補助金交付申請書兼請求書
    • 婚姻を証明する書類(戸籍謄本又は婚姻届受理証明)
    • 世帯全員の住民票(個人番号の記載がないもの)
    • 夫婦それぞれの所得証明書(1月1日時点の住所地で取得してください)
    • 誓約書
    • 口座が確認できるものの写し

    ※戸籍謄本や住民票等の取得には手数料が必要となりますので、事前に補助対象世帯となるかご確認ください。

    経費に関する書類

    • 住居の売買契約書、工事請負契約書等の写し(住居を取得した場合)
    • 住居の賃貸借契約書等の写し(住居を賃借している場合)
    • 住居費に係る領収書等の写し
    • リフォームに係る工事の契約書
    • リフォーム費に係る領収書等の写し
    • 引越しに係る領収書等の写し

    該当する場合など

    • 【勤務先から住宅手当の支給を受けている場合】住宅手当支給証明書
    • 【貸与型奨学金を返済している場合】貸与型奨学金の返済額が確認できる書類
    • 【令和2年以降に離職している場合】離職票の写し等、離職したことが確認できる書類
    • その他、市長が必要と認める書類の提出をお願いする場合があります

    申請の流れ

    1. 婚姻届提出
    2. 引越し・費用支払い
    3. 転入届提出(1、2、3は前後する場合もあります)
    4. 補助金交付申請(持参・郵送どちらでも可能です)
    5. 審査
    6. 決定・支給

    アンケート・講座受講等のご案内

    結婚新生活支援事業利用者アンケート

    結婚新生活支援事業をよりよいものとするために、アンケートの回答にご協力ください。

    アンケートの提出方法は持参、メール等どのような方法でも結構です。

    様式等