ページの先頭です

長浜市不妊治療・不育症治療費用の助成制度

[2016年4月7日]

ID:2318

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長浜市すこやか出産支援事業

長浜市では人工授精などの一般不妊治療、特定不妊治療(体外受精、顕微授精)、不育症治療を受けられた方に、治療費の一部を助成します。

対象者

次のすべてを満たす方が対象になります。
  1. 治療期間中および申請時に長浜市内に住所を有し、法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 国民健康保険、社会保険などの公的医療保険に加入していること
    ※ただし、公的医療保険の被扶養者、生活保護受給者も対象となります。
  3. 助成申請時において納期限が到来している市税および国民健康保険料に未納がない人
  4. 特定不妊治療については、滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成を受けている人

申請書類

まず、こちらをご覧ください。

添付ファイル

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

共通

  1. 長浜市すこやか出産支援事業補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)
  2. 夫婦それぞれの市税および国民健康保険料(税)の完納を証する書類または同意書(様式第3号)
  3. 戸籍謄本(夫婦共に長浜市に住民登録があり、同一世帯の場合は省略できます。)
  4. 夫婦それぞれの被保険者証、組合員証など

一般不妊治療

  1. 長浜市すこやか出産支援事業受診等証明書(一般不妊治療用)(様式第4号)
  2. 院外処方がある場合は、領収書、調剤明細書など処方された薬剤の名称がわかるもの

特定不妊治療

  1. 滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し
  2. 滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  3. 院外処方がある場合は、領収書、調剤明細書など処方された薬剤の名称がわかるもの

不育症治療

  1. 長浜市すこやか出産支援事業受診等証明書(不育症治療用)(様式第5号)
  2. 院外処方がある場合は、領収書、調剤明細書など処方された薬剤の名称がわかるもの

補助の対象となる治療内容

一般不妊治療・人工授精

産婦人科または泌尿器科を標ぼうする医療機関で不妊症と診断された方が受ける不妊症検査および不妊症治療(特定不妊治療を除く)

特定不妊治療

体外受精および顕微授精

不育症治療

産婦人科を標ぼうする医療機関で不育症または不育症の可能性があると診断された方が受ける不育症検査および不育症治療

補助の金額など

一般不妊治療・人工授精

治療などに要した費用のうち1/2を補助します。(限度額5万円/年) 通算2年間

特定不妊治療

1回の申請につき5万円

※治療内容がCまたはFの場合は2万5千円になります。

男性不妊治療については、1万6千円(年度あたり1回)

※治療に要した費用のうち、県から助成を受けた不足分を助成します。

平成27年度に初めて補助を受ける場合で、
治療開始日の妻の年齢が、40歳未満の場合は43歳になるまでに通算6回まで
治療開始日の妻の年齢が、40歳以上の場合は43歳になるまでに通算3回まで

※平成25年度までに補助を受けている場合は、別紙の早見表リーフレットをご覧ください。

不育症治療

治療などに要した費用のうち1/2を補助します。(限度額5万円/年(医療保険適用の場合)・限度額10万円/年(医療保険適用外の場合)) 通算5年間

申請窓口

  1. 申請は健康推進課または北部健康推進センター(保健センター高月分室)窓口へ提出してください。
  2. 申請受付後、審査の上、承認決定通知書を送付します。

制度についてよくある質問はこちらご覧ください。

お問い合わせ先

長浜市健康推進課

  • 526-0845 長浜市小堀町32の3
  • 電話:0749‐65-7759

お問い合わせ

長浜市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0749-65-7779

ファックス: 0749-65-1711

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

関連している可能性のある記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.