ページの先頭です

市内3高校の生徒による栽培実験農場のトマトを使ったトマトソース開発

[2019年11月13日]

ID:6900

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

長浜農業高校、長浜北星高校、虎姫高校の市内3校の生徒が、小谷城SIC栽培実験農場で栽培されたトマトを活用し、トマトソースを製造する「高校生による長浜市特産品プロデュース」プロジェクトに取り組みました。

当プロジェクトは、長浜農業高校がトマトソースを製造(加工部門)、長浜北星高校が容器の商品ラベルやPRポスターを制作(販売促進部門)、虎姫高校の新聞部が新聞による情報発信(周知宣伝)を担当。

高付加価値な特産品(6次産業化商品)の開発や市・生産者との共同活動を通じて、高校生の協調性やコミュニケーション能力を向上させ、地域で活躍できる人材の育成を目指す取り組みです。

市内イベントで取り組みをPRし、トマトソースを販売しました(令和元年10月20日)

長浜農業高校、長浜北星高校、虎姫高校の市内3校の生徒が、長浜まちづくりセンター周辺で開催された「長浜まちなかフェスタ」で3校連携によるトマトソース開発の取り組みをPRし、完成したトマトソースを販売しました。

会場では、長浜北星高校がデザインしたトマトソースのPRポスターを掲出し、同校がデザインした容器ラベルのトマトソース100本は完売いたしました。

来場者には、虎姫高校新聞部が作成した特別号の新聞を配布して事業PRを行い、今後の商品開発に生かすため、トマトソースの試食とアンケートを行いました。

トマトソースの販売

完成したトマトソース

3校24名の生徒がトマトソースを協働製造しました(令和元年8月22日)

長浜農業高校、長浜北星高校、虎姫高校の生徒24名が、長浜農業高校の農業技術センター農産加工室で、小谷城SIC栽培実験農場で収穫されたトマトを使い、トマトソースを協働製造しました。

原材料のトマトの味を活かした食べやすいトマトソースにするため、香辛料や塩分を加減した複数の試作品を作り、試食とアンケートを実施しました。

減塩タイプが一番人気になり、このレシピで作られたトマトソースは、10月20日に開催される「長浜まちなかフェスタ」などで高校生が自ら販売します。

トマトの下処理

ペースト処理

計量・充填作業

虎姫高校新聞部の取材

小谷城SIC栽培試験農場の見学・聞き取り調査(令和元年7月11日)

長浜農業高校と長浜北星高校の生徒は、トマトが栽培されている小谷城SIC栽培試験農場のビニールハウスを見学しました。

生徒は、脇坂農場長からトマトの特徴などの聞き取り調査を行い、トマトソースの商品開発や売り出し方に役立てます。

ビニールハウス見学の様子

お問い合わせ

長浜市役所産業観光部農林政策課

電話: 0749-65-6520

ファックス: 0749-65-1602

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


市内3高校の生徒による栽培実験農場のトマトを使ったトマトソース開発への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) City of Nagahama. All rights reserved.