ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

検索

あしあと

    【実証栽培】メロン「アールスミラノ春2」

    • [公開日:2022年11月11日]
    • [更新日:2022年11月11日]
    • ID:10913

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    市は小谷城スマートインターチェンジ栽培実験農場において、県、JA北びわこと連携し、施設園芸による市場ニーズの高い農産物の実証栽培に取り組んでいます。
    実証栽培にはJA全農が推奨する隔離床養液栽培装置「うぃずOne」を活用し、栽培の普及に向けてノウハウの蓄積に取り組みました。

    栽培記録

    4月9日 定植

    栽培槽に直径4㎝程度の穴を2か所開け、殺虫剤「アドマイヤ」を入れて苗を定植しました。定植直後、株元には30℃位に温めたトミー液肥を与えました。

    7月14日から20日 収穫・出荷

    メロンの糖度を高めるため、収穫の2週間ほど前から徐々に潅水量を少なくしていきます。
    収穫したメロンは1つ1つ糖度を測定し、箱詰めして直売所へ出荷しました。

    結果

    メロン実証栽培の結果
    品種名 ハウス面積最大収穫可能個数販売個数 製品化率 収支
    アールスミラノ春2

    3a

    (7.5m×20m 2棟)

    544個

    (272株を2本仕立て)

    377個69.3%174,063円

    延べ作業時間:363時間

    収支の詳細はこちら

    考察

    • 適切な防除と潅水管理により、収穫前の尻割れがほとんどなく、製品化率が向上しました。
    • 保水性・通気性に優れた培土と保温性・透光性に優れたハウス内二重カーテンの導入により生育が良くなりました。
    • 収穫前に潅水を絞ることで糖度を高められる一方、水分が不足するとつるが枯れ、商品価値が下がるため、潅水量の厳密な管理が重要で、栽培技術のさらなるの向上が求められます。

    リンク等(SNSでも随時情報発信中)

    お問い合わせ

    長浜市産業観光部農林政策課

    電話: 0749-65-6520

    ファックス: 0749-64-0396

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム